人工芝芝生のための7つの景観エッジングのアイデア

人工芝芝生の景観エッジングのアイデア

人工芝芝生の景観エッジングのアイデア

人工芝を選択する住宅所有者は、ほとんど労力をかけずに、常に緑豊かで完璧な芝生のように見える方法に惹かれることがよくあります。このすっきりとした外観は、庭の視覚​​的な魅力を高め、芝生がさまざまな造園スタイルを補完することを保証します。すっきりとした外観を好む人にとって、明確に定義されたエッジは必須です。これが、人工芝の設置にほとんどの場合、何らかの種類のエッジが含まれている理由の1つです。これは必ずしも必須ではありませんが、完成したきれいな外観を得るには、カーブやランドスケープエッジを追加することをお勧めします。

人工芝は、私道、敷石のパティオ、レンガの歩道など、既存のハードスケープに隣接するように簡単に設置できます。また、さまざまな天然または製造されたボーダー素材で縁取りしたり、ボーダーなしで設置したりすることもできます。ただし、日曜大工のプロジェクトとして人工芝の芝生を設置する場合は、不均一なエッジをカバーするのに役立つ境界線を設けることをお勧めします。



人工芝をエッジングする方法:7つのオプション

1.抑制: 景観の縁石は、芝生の縁取りに人気のあるハードスケープオプションです。コンクリートと打ち抜きコンクリートが一般的な選択肢です。この境界オプションは非常に魅力的ですが、インストールする前に、この選択の永続性を考慮する必要があります。コンクリートの縁石を選ぶ前に、何年もの間、芝生や全体的な造園を再設計したくないことを確認してください。

人工芝サンディエゴ

2.敷石: 敷石は耐久性があり魅力的なオプションで、芝生の端に狭い境界線や完全なパティオを作成するために使用できます。 舗装の石のハードスケープと人工芝の芝生 非常にうまく連携して、メンテナンスが少なく、水をほとんど必要としない、バランスの取れたまとまりのある風景を形成します。これにより、この機能の組み合わせは、興味のある人にとって特に魅力的です。 干ばつに強い造園 スタイルや視覚的な魅力を犠牲にする必要はありません。

3.曲げ可能なボーダー: 曲げることができる造園境界線は、ホームセンター、園芸用品センター、またはオンラインで簡単に入手できる手頃な価格のシンプルなソリューションです。これは、ほとんどの人がインストールできるタイプのボーダーマテリアルであり、日曜大工にとって便利なオプションです。曲げることができる風景の縁取りは、ほとんどの場合、プラスチックまたは金属でできており、一般に、数年間続くと予想できる耐久性のあるオプションです。

4.丸太または木材: 丸太、材木、およびその他の形態の木材は、直定規のある製造された芝生の周囲で最もよく使用される境界オプションです。ただし、地面に押し込むことができるカットログの小さなセクションがあるいくつかのオプションがあります。これらのセクションは、一般に小さな切り株のグループのように見えますが、湾曲した芝生の周りで使用できる、より柔軟なオプションを提供します。

5.枕木: 枕木は、造園の境界線として長い間人気があり、他のさまざまなものと組み合わせることができる用途の広いオプションです。 造園の特徴 敷石や砂利などのハードスケープ。それらは多くのアプリケーションに合うようにカットすることができ、これはあなたのランドスケープデザインに再利用された材料を含めるための素晴らしい方法です。あなたが前にあなたの芝生エリアを構築する必要があるならば 人工芝の設置 、枕木はこれに頑丈な境界線を提供できます。

6.砂利: もちろん、砂利はしっかりとした境界線ではありませんが、芝生の端の周りを補完的な地被植物として使用できます。継続的な庭のメンテナンスを容易にするために、砂利を芝生から遠ざけるために、芝生と砂利の間に曲げ可能な境界線または他のタイプのエッジを配置することをお勧めしますが、これは必須ではありません。

7.木材チップまたは樹皮: 砂利のように、木片や樹皮を芝生の端に使用して、自然な外観を維持しながら色のコントラストを高めることができます。繰り返しになりますが、草と木片の間にしっかりとした縁取りを使用すると、木片や樹皮を芝生から遠ざけるのに役立ち、生活が楽になります。

人工芝:さらに読む

人気の投稿