私は私の元のために化粧をするのをやめ、それ以来その決定に苦労してきました

私は私の元のために化粧をするのをやめ、それ以来その決定に苦労してきました

標準ボディコンテンツ '>

私は27歳の女性で、化粧をしていません。

まあ、それは完全に真実ではありません。私はバーツビーズのリップクリームの色付きスティックを所有しています。しかし、それを除けば、私が所有している美容製品に最も近いものはボビーピンです。

何年もの間、唇をピンクに塗ったり、頬を赤らめたり、アイシャドウをつけたりするのが好きでした(ゴールドが私のお気に入りでした)。なぜやめたの?



嫉妬深い彼氏。

しばらくの間、私は常に嫉妬し、疑わしく、そして一般的に私に腹を立てていると感じていた男性との関係にありました。自尊心、友達、大学院への進学など、あきらめなければならないと思っていたものの中には、化粧ポーチがありました。

当時、それをあきらめることは大したことではなかったようです。メイクが必要だと思ったわけではありませんが、 やりました それを着て、私の顔が変わるのを見るのを楽しんでください。

しかし、私がそれを解釈した方法は、私の元は私がそれでよく見えないと思っていた、そしてそれを身に着けていることは「注意を求めている」ということでした。そこで、M.A.Cのアイシャドウ、ブラシ、パウダー、さまざまな口紅やグロスのコレクションをすべて集めて、それらをすべて隠しました。私は文字通りそれらを私のベッドの下に隠しました。実は、彼氏のためにこういう犠牲を払うのは恥ずかしかったので、全部捨てたくなかったんです。言うまでもなく、メイクはとても高価です!

私は彼の化粧の義務を守らなければならなかったように私には思えた。しかし、私はある程度の尊厳と自律性を保持したかったので、私は ゆっくり 私のルーチンからメイクをカットしました。それは基本的に私に彼のために自分自身を変えることを徐々に正当化する時間を与えました。

パウダーとブラッシュが最初に行きました。次はマスカラで、まつ毛がもう長いので大丈夫だと自分に言い聞かせ、とにかくメガネをかけました。口紅は私の化粧品の最後に消えました。私はいつも口紅が本当に好きでした。私はオブジェクト自体が好きで、それを着るのが好きで、他の人がそれを着るのを見るのも好きです。だから、口紅を取り除くのが一番痛くて、口紅をつけないことで自分を裏切っていることがわかりました。

眼鏡、メガネ、人間、視力ケア、指、草、肌、幸せ、自然界の人々、手首、 エリザベスキングの礼儀

その後、メイクは写真から外れました。ようやく元を離れてから何年もの間、化粧をしていません。最近の記憶で、保湿剤以外のものを顔につけたのは、妹にイメージチェンジをさせたときだけでした(彼女は文字通り私のアイライナーをするために膝の上に座らなければなりませんでした)。しかし、私の内側の何かは、外側の変化をまったく望んでいません。

最近はメイクのことをよく考えています。具体的には、なぜまだ着ていないのかしら。本当に化粧をしたくないからなのか、それとも元カレと一緒にいた時の気持ちを内面化しているのか。

フェミニストとして、誰もがメイクを選べるはずだと強く感じています。メイクをしたり、新しい見た目や色を試したりするプロセスが好きな人もいます。他の人は、素顔の場合とは少し違って見えたいと思っています。私はこれらの動機のいずれにも問題はなく、自分自身を「アンチメイク」とは呼びません。そして、化粧は少し問題のある消費者製品であるという事実があります。それは主に女性に販売されており、女性は常に私たちの外見が私たちのアイデンティティについて最も重要なことの1つであると言われています。でも正直、メイクが好きです。私は化粧なしの見た目が好きですが、化粧なしの見た目も好きです。

当初、私は実際に化粧の欠如を正当化するためにフェミニズムを使用しました。私はそれが提示する非常に有効な問題のすべてのために化粧を拒否したかった。まるでそう感じたかった 私の選択 化粧をやめないでください。

しかし、問題の痛ましい真実は、ある深いレベルで、メイクアップは私には向いていない、それは私には合わない、私はそのタイプの女性らしさを引き離すことができない、という考えを内面化したことを知っています私はそれに伴うすべての注意を望んでいません。

私の元がそれらを暗示していると感じたので、私はこれらのことを考えました、私が十分ではなかったことを暗示し、私が愛する誰かと一緒にいるに値しないことを暗示しました。

数年が経ち、傷のいくつかは今治癒しつつありますが、それはジレンマであり、つい最近表面化したばかりです。

結局のところ、メイクはバッグやバスルームのカウンターに投げることができるほんの数個の小さなものです。いつの日か、2回まばたきせずに少し着ることができる場所になりたいと思っています。もちろん、 、マスカラを塗るとき。

人気の投稿